Artrigger

ログイン 無料ではじめる
Blogブログ
  • レベニューシェア

ライターのレベニューシェア相場を解説

この記事では、各業界のレベニューシェア相場をしていきます。今回は「Webライターのレベニューシェア」です。Webライターが広告代理店やマーケティング会社から依頼を受けて1本の記事を執筆した際に、どのくらいの割合で売上が分配されているのか?報酬形態はどうなっているのか?気になるところではないでしょうか。

ライターのレベニューシェア比率はどのくらい?

アートリガーの調査結果によると、企業案件を通じてライターが受け取る原稿報酬は、売上(マーケティング費)の30〜50%が相場のようです。例えば広告代理店が発注企業に10万円で提案した案件であれば、3〜5万円が原稿料としてライターの手元に入るイメージです。

この比率は案件によっても大きく異なります。記事執筆だけでなくマーケティング全般業務の受注をした企業は、クライアントに記事料の明細を提示しないケースもあります。ライターも経験年数やレベル感でも、報酬額は変わってきます。レベニューシェアよりも固定金額での原稿料を支払うケースが多いようです。

レベニューシェアをもっと詳しく知るなら

こちらの記事も合わせて読んで、参考にしてみてください。

コラボレーションをはじめるならこちら
無料ではじめる 営業チームへお問い合わせ
導入例