当社のコア技術

当社のブロックチェーンシステムは仮想通貨の取引所だけではなく、金融機関のデジタルアセット管理や地域産業活性化のインフラ、クローズドに管理する必要がある情報・コンテンツの管理運用、各クラウドサービスの強化を図る目的など、様々な業界やシーンで活用が可能です。

ブロックチェーンの歴史

約30年の歴史を経て、ブロックチェーン・プラットフォームの拡張性や相互運用性が高まり、テクノロジーとオペレーションの両面で実用性を見出し始めている。

  • デジタルドキュメントへのタイムスタンプ

    1991年~

    日付を遡ったり、改竄されたりを防ぐという計算上の実用的なソリューションとしてスタート。

  • リユーザブルProof of Work

    2004年~

    ハッシュキャッシュベースのProof of Workトークンに基づいた代替不可能なトークンを受け取ることによって個人間で転送可能なRSA署名されたトークンが発行可能になった。

  • Blockchainネットワーク

    2008年~

    「サトシナカモト」により分散型P2P電子決済システムBitcoinがホワイトペーパーで発表される。

  • Ethereum

    2013年~

    Vitalik Buterinにより分散型アプリケーションを構築するためのスクリプト言語としてEthereumが開発され、多様な分野で分散型を目的とした開発が可能になった。

ブロックチェーンの実用化について

  • 昨今、仮想通貨の交換所以外にも実務課題に沿ったソリューションとしてブロックチェーンの活用先は多岐に渡ります。
  • Artriggerはブロックチェーンの実用化に向けて、複数のカテゴリーに精通するコア技術に取り組んでいます。
  • 様々な産業へ「LaaS Blockchain System」の提供を促進するために多数の特許を取得しており日本動産協会等からも高い評価を受けています。

当社では複雑な課題・ニーズも、最適に組み合わせたテクノロジーで解決します。ブロックチェーン技術が品質を高め、ビジネスを守る。サービス向上・予兆・保全など生産性向上を全面サポートします。

お問い合わせ